見てはイケナイものを見てしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおりです

今日は、朝からこっそり起きて
みんな寝ているベットの中で
このメルマガを書いています。

なぜベットの中か?

それは、8ヶ月になる息子が
どうやら
「ママと半径1メートル以内検索」
を24時間やっているようで

私がちょっとでも離れると、
すぐ起きだして泣くんです。

もうね、可愛いんですよ。

食べちゃいたいくらい可愛い。

でもね、時々、

放っておいてくれー!!!

って心底思います。

自由を愛する私ですから。

それは例え息子とはいえ、
時々萎えます。

で、今朝はどうしてもこのメルマガを書きたくて
こそこそこうして書いてるわけです。

本当はリビングでゆっくり
コーヒーでも片手にやりたいんだけど。

そういえば、昨夜は見てはイケナイものを
見てしまいました。

そ、それ、やる!?っていう
びっくりのやつ。

こちらでは、モーターバイクと人々が呼ぶ、
原付バイクの大きいバージョンで
移動している私たち五人ですが、

そのバイクに乗って
ちょっと買い物に出かけた時の話です。

その道中、たまに食べていた
ストリートフード(屋台)のお店の
横を通り過ぎたのですが、

その時です!

事件は起こりました。

そこのおばちゃんが、
お客さんの飲み残したスープを
さらっとお鍋に戻したんです!!!

その様子が、信じ難く、

え!?

今、何した!?

何かの間違い!?

と、あれこれ可能性を探りました。

えーっと、お客さんが残した、と思ったけど
スープだけ横にとっておいたボールだったのか?

それか、お客さんに出したけど
手をつけなかったのか?(⇦いずれにしろ、ダメだろ!)

それか、オーダーの取り間違いで
無駄になったのか???

でもね。

やっぱり人のボディーランゲージって
ものを言うんですよね。

そのおばちゃん、
手元はあまり見ずに
周りを見渡しながら、サッと返したんですよ。

普通、液体をお鍋に入れるなら、
手元を見ると思うんですよね。

でも、なんとなく

「誰も見てないわよね~」的な感じで

お鍋とボールより
周りの視線に意識がいってるあたり、

ぜったいクロ!!と判定。

もう、あのお店には二度と行きません。
結構美味しかっただけに
ちょっと残念。





さて、前回の「考える力」についての
続きを書こうと思います。

日本の教育に絶対欠けている
考える力を育てること。

ちなみに、どうして育たないのだと思いますか?
(正確に言えば、育てたくないのですが)

それは、簡単。

たくさんの課題(宿題)を与えられて、
部活やらの活動で忙しすぎる
学校生活だからです。

その学校で教えている先生方も
忙しすぎて思考停止になっている人が
多いのでは、と思います。

これは、考えさせない作戦ですから、仕方ない。

さらに今は塾なんかにも子供達通ってる。

そんな目の前の課題を
こなさないといけない毎日だと
思考停止=考えなくて済む、になります。

次から次に、これをやりなさい、って
与えていれば、
考える暇はないです。

学校のスタイルも、先生が指示して
生徒はそれに従う、というスタイルなので

生徒は、指示待ち、です。

だから、私がハワイに留学して
何が一番つらかったって、

自主的に、「考えること」

でした。

考えて意見を言う。
考えてプロジェクトを進める。
考えて選択する。

もう、毎日が苦痛でした。

私は、ここで、
アメリカのように
なったほうが良いと
言っているのではありません。

でも、大きな枠組みとして

今の日本の教育のスタイルが
精神的にも自立して、
自分で自分の幸せを選びとっていける
考えや行動力を伴った人間を
育てるためのものではない、

ということは知っておくべきだ、
と思っています。

なぜなら、考える力が不足しているために
周りに流されて
それに合わせようと必死になり

大切な事を見失っている人が多すぎる、
と感じるからです。

では、今日の本題の、
「どうしたら考える力は育つのか?」

それも簡単。

考える機会を与えること、です。

もし、あなたに子供がいたら、
一緒に考えてみてください。

子供は、すでにたくさん
疑問を持っていると思います。

どうして勉強するの?
どうして学校行くの?
どうして制服着るの?
どうして、どうして?

その疑問に一緒に向き合ってあげてください。

ただし、
あなた自身が、過去の私のように
考えられない人になっている
可能性があるので

旅に出るのもいいですね。

日本の常識は、
一歩出れば非常識であると知る。

そうすることで、
「これはどうしてこうなんだろう?」って
疑問が浮かびます。

旅といっても、3泊4日とか、
1週間とかでは

「あー、日本人に生まれてよかった」

とか、表面的なことしか
感じられないと思うので、

できれば、1ヶ月とか3ヶ月とか。
1年あったら最高。

これは、究極かもしれませんが、
親子でそのくらい人生に真剣に
向き合う時間があってもいいと
私は思います。

そんな時間もお金もないよ、

というかもしれませんが、
それはどうにかなるはずなんです。

あなたの気持ち次第。

「決める」だけだったりします。

旅が無理でも、
外国のお友達を作るのもいいですね。

要は、「普通」だと思っている事を
疑い、考えてみる、それが大切。

その機会を旅や外国人のお友達は
与えてくれます。

でないと難しい。

「普通」の「常識」に慣れきってしまっている
私たちの頭で考える事には限界がある。

なので、それから飛び出すには
ちょっと工夫がいります。

あとは、遊ぶことも大事です。

子供に限った事ではありません。

大人も。

最近遊んだのはいつですか?

体を使って心を震わせて
思いっきり遊んだのはいつ?

もし、それが思い出せないなら、要注意!

遊んでください。

そうすることで、「考える力」を養えます。

車のハンドルにも「遊び」が必要でしょう?

そんな「遊び」があることで
行きたいところへ行けます。

それでは、長くなってきたので
今日はこの辺で。

私は、あなたの大切な時間を使って
このメルマガを読んでくださっている
久美子さんが

しっかりと考えながら
人生を歩んでいかれる事を
心から望んでいます。

そして、もし、あなたに子供さんがいる場合は、
ぜひぜひ、考える機会を与えてあげてください。

それが、一人一人の幸せ、
ひいては日本の明るい未来を築いていく事だと
信じています。

愛を込めて。

ショールかおり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

    • KH
    • 2017年 1月 26日

    思い出しました、私の「見てはイケナイものを見てしまった」。

    あれはジャマイカの青空マーケット…..
    もちろん屋外なので、多種多様な虫がいます。
    主にハエ、ゴキブリです。
    そこでです、見れはイケナイものを見てしまいました。

    「野菜売りのおばちゃんが売ってる野菜に殺虫剤をジェット噴射」

    直ですよ。売り物ですよ。
    もう一度言います、売り物ですよ。。。。
    特に隠す様子もなく。

    もしかしたら、ベトナムあるあるかもしれません。
    お気をつけて。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP