結婚かキャリアか、子供かやりたいことか・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

悩むくらいなら、全部叶える方法を探した方がいい。

男性と女性には、決定的な違いがあります。

 
 それは、女性は子宮を持っている、ということではないでしょうか。
 
 
もう、それは天と地がひっくり返っても揺るぎないこと。
 
子宮を持っている、ということは、赤ちゃんを産める可能性と、産むという選択肢があるということであり、愛し合う二人が子供が欲しい、と思ったとき、妊娠して産むのは、女性だということ。
 
 
もちろん、それがすべての女性に当てはまるわけではなく、赤ちゃんができにくい、または、できない方がいることは百も承知です。ここでお話しするのは、一般的なお話です。
 
 
私が30歳を迎えるころ、この結婚か、キャリアか、子供か、やりたいことか、についてとことん向き合いました。
 
 
そこで選んだのは、「海外留学」というやりたいこと、でした。
 
 
まだ、私の中で、「出産」は後回し、というか、残しておいて良い選択肢でした。35歳までに一人産めればいいな、という考えでした。はたまた、子供を持つ、ということは、私にはもしかしたら、一生ないのかもしれない、という一抹の不安もありました
 
 

そうやって、飛び出した海外留学

で、様々な経験をし、本当に大切なことは「愛し愛されるパートナーと人生を共にすること」だ、と確信しました。その頃、34歳になっていました。

 
でも、それと同時に、キャリアを積むチャンスも目の前にあり、結婚、はそのキャリアを諦めるか、たとえ結婚したとしても、仕事に重きを置く人生を送るのか、と葛藤していました。私の理想、「仕事も家庭も両方手にいれて、両方大切にする」ということが不可能のように感じていました。
 
 
注釈)ハワイで留学後に就職した会社(日本出資のUSの会社)で、その会社で日本の上司からいずれ社長になれば?と言われていたのですが、ばりばりの日本式の社風で、24時間戦えますか?的だったのです。休みの日にも携帯は開けておくように、というスタイルでしたので、プライベートと仕事との境界線はない、という感じだったのです。
 
 
そこで当時結婚の話もしていた彼がいたのですが、何となく踏み切れずにいました(後になって思えば、ただ単にその彼とコミットメントすることに違和感を感じていただけでした)
 
 
そんなときに、今の主人と出会います。そして、いろんなこと(父からの遺言により帰国、父の他界、妊娠、結婚)を経て、
 
 
39歳、3人の可愛くて仕方のない子供たちに恵まれて、最愛の主人とのパートナーシップも満足のいくものであり、仕事に関して言えば、これまた、別の意味で仕事とプライベートの境目のない、遊びのような最高の仕事を持てています。
 

今思えば、全部叶ってる。

 

 

だから、悩める女性たちに今言いたいのは(前置き長すぎ!笑)、

 

 

全部、ぜーーーーんぶやっちゃいなよ、ということ。

 

 
どうあがいても、どうもがいても、どんな理由付けをしようと、あなたはやりたいことを結局は全部やるんです。全部やれるんです。
 
 

神の領域に手を出さない。

結婚するかもしれないから、

結婚したい人と出会ってしまうかもしれないから、

赤ちゃんが出来るかもしれないから、

二人目が出来るかもしれないから、

といろいろ、いろいろ、いろいろ、(三回書きましたよ笑)思い描くかもしれないけど、最終的にはそこら辺は神の領域。結婚も出産もコントロールできるようで出来ないんです。だから、そこをコントロールしようと、人間が頑張るより、神様にお任せした方がいい。コントロール出来ないことをコントロールしようとするほど、つらいことはありません。だって、出来ないんだから。出来ないから撃沈する。

 
 
だったら、そのあたりは神様にお任せして、人間の私たちは、私たちの思う所のやりたいこと、わくわくすること、好きなことを「今」思い存分やった方がいい。自分に目に見えない網を自分に仕掛けてがんじがらめになっているときより、あなたの心はよっぽど軽くて明るくなるので、自然とあなたが求めている事柄はやってきます。
 
 

では、どうやって全部叶えるのか?

女性は、それ(妊娠出産)があるから不利だとか、思う暇があったら、
 
まずは、出来るできないは関係なく、やりたいこと、わくわくすること、書き出してみよう。
 
 
そして、どうやったら実現するのか、考えてみよう。
 
 
 
 
はでっかく高く、
目標は行動レベルに落として小さく低く
(これ、コツです)
 
 
 
ぼんやりと見える高い山頂(夢)を見続けながら、目の前の一歩を進める。途中の景色も楽しみながら、味わいながら。
 
 
それがなりたい自分や手に入れたい夢を叶える、唯一の方法。
 
 
難しいことなんて何もない。ただ、それをやり続けるのか、途中で投げ出すのかの違い。
 
夢もビジネスも、諦めなければ、必ず成功する。ぜったいにね!
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP