私たちがベトナム移住を決めた訳 Vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これまで、私たちショール家5人がなぜ、日本を離れ、ベトナムに住み始めたのかについて2回(Vol.1Vol.2)に渡り書いてみました。

今日は、もう一つの要素について書いてみたいと思います。
それは、引き寄せや潜在意識に関わること。

アメリカ人の夫と出会い

私と主人の出会いは、私が30歳のときに突然思い立って行ったハワイ留学の時でした。ちなみに私と彼は同い年。ニューヨーク生まれ、ロス育ち、でも、大学は、ハワイの大学を卒業して、私と出会った頃は、すでに働いていました。

出会った場所は、私が(こっそり)アルバイトをしていたタイレストランでした。(※留学生は、大学以外で働くことは原則ルール違反です。)

キャッシャーをしていた私に、英語でしたが「あなた日本人?」と聞いてきました。

隣には当時お付合いしていたという彼女。その彼女が、「彼は日本に住んだ頃があるのよ」って話してくれました。

そのタイレストランで働いていたのは、私以外は、全員タイ人か、ラオス人。日本に住んだことのある主人からみたら、日本人の私が異様に浮いていたらしく、確かめてみたとのこと。

それが最初の出会い、2009年の3月のことそれからいろいろいろいろあって約3年後の2012年の4月に日本に一緒に行くことに。

将来に対してオープンだった頃

日本に行くことは、本当に急遽決まりました。それも、決めた日から2日以内には二人で飛行機に飛び乗っていました。

その頃に言っていたんですよ。「オレ、ベトナムに英語教えに行こうかなー。」って。

まだやっとお互いの存在を友達以上に感じ始めたころのこと。

その頃は、ハワイに住んで4年目の終わり頃。日本にいた頃より、とってもオープンになっていた私の心。

そんなことを言う彼に、

「私も、将来どこに住んでるか分からないなー。ハワイにきた時も、そうだったし。人生、先のことは分からないよねー。」

って確かに言っていたんです。

その私が、日本に戻るとそんなことを言っていた自分が他人のように思えるほど、変わっちゃうんですけどね。

出会った頃の二人は、将来に対してとてもオープンだった。

そして、主人はベトナムに行ってみたいなって言ってた。

潜在意識

今覚えば、そのことが廻りまわって今に至るのかもしれません。

主人のベトナムに行ってみたいな、っていう気持ちと、それを聞いていた私の潜在意識がなんとなく要素としてある気がします。

思ったことや、口にしたことは実現してきます。

そうすることで、引き寄せるし、潜在意識に働きかけるので、チャンスがあれば実現しようと、人は行動します。

そのことが、私たちが今、ベトナムにいることの三つ目の理由だと思います。

 

(おわり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP