携帯のひったくりに遭って気づいた大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
先日、携帯のひったくりに遭いました。

子供たちを連れて、タクシーに乗り込んでいる時に。

右手でタクシーのドアを開けて保ちながら、左手に携帯を持って、子供たちを一人一人乗せていたら、その私の左手からバイクに乗った男性がiPhoneを奪っていきました・・・。神業でした(笑)

一瞬、何が起きたか分からなくて、声もでないし。

あああああああああああ、my iPhone!」
 
と叫んだ時には走り去る後ろ姿を見つめるだけ・・・。しかも、ブルーの鮮やかな清潔感のあるシャツを来ていた彼。そんなひったくりを行うようには見えない様相。うーむ、残念。
 
それで、しばらくはびっくりしたのと、ショックだったのと、力が抜けてしまったのですが、ある気づきがありました。
 
 
それは、iPhoneの写真に収めて安心、という、「今ここ」に心あらずだった自分。
 
もっと、自分の目で心でしっかりと感じようと思います。
 

いちばんショックなのは失った子供たちとの写真だった。

 

まだはっきりと全ての写真を失ったかどうかは、新しいiPhoneをゲットしてマイフォトストリームにどれだけ入っているか、を見てからしか分からないのですが、ひったくりに遭ったその日は、その写真のことが一番の心残り、というか、ショックでした。あの写真も、この写真ももう取り戻せないのかな、と思うと、胸が痛くて涙がちょちょぎれました。

例えば、次女の髪の毛をお手入れしている私のおっぱいに吸い付く息子の写真とか、洗面台で歯磨きしている私に張り付いておっぱい飲んでる息子とか(笑)おっぱいネタばかりですが、なんというのでしょう、今だけしかない瞬間たち。

でも、よーく考えたら、全てが今しかない瞬間たちだったのだなぁ、と。

なんだかそれらを失った、と思うと、とても悲しかったのですが、よくよく考えてみたら、どれもこれも二度と戻ってこない時なのだな、と。子供との瞬間に限らず。しかも、写真が失くなったとしたって、それらの想い出までは消えてなくなるわけではなくて。そう考えていたら、ふと、こんなことが頭によぎりました。

 

「私は、写真に収めておけば安心って思っていたかも」

 

ということ。

あとで見ればいいや、とか、写真があるから、大丈夫、とか。

だとしたら、大切な「今」という瞬間を半分も感じきれていなかったかもしれない、大事なことを先延ばしにしたり、楽しみは後にとっておくような日々になっていたのではないかな、ということ。

 

やっぱり、【今ここ】を大切にしたい。瞑想を日々に。

ちょうど、インターナショナルスクールへ見学に行った方とそのスクールでは「マインドフルネス」という時間が設けてあった、という話をしたばかりでした。

私も、今ここ、にいるために、瞑想を日々に取り入れてみようと思います。

なぜなら、それには訓練が必要だ、と感じるから。きっと、「今ここ」にいないのも習慣となっているはずなので、それを壊すには、新しい習慣を取り入れないといけません。瞑想と言っても、難しいことではなくて、ただほんのちょっとの時間、目を閉じて、大切なことは何かな、と自分に問うだけ。実践してみようと思います。

 

みなさんは、どうですか?「今ここ」を生きていますか?

 
 
 
 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP