人生の転機 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日もメールを受け取って頂き、ありがとうございます。

今日は、いつもの笑える子育てネタでなく、
ちょっとほっこりなった
長女とのやりとりを書こうと思います。

最近、自分の感情や意思がはっきりとしてきて
主張も激しい3歳半の彼女。

何かと手を焼いていますが、
今日は、お外から戻ってきた手に
私の大好きなランタンのお花が。

「これ、ママに。」

「わぁ、ありがとう!」

「そして、これは、ダディーに、
これは〇〇(妹の名前)に、
そんで、これは〇〇(弟の名前)に、
で、これは〇〇(本人)の。」

と、家族全員に1本ずつ摘んで
持って帰ってきていました。

しっかりと本人の分も入っていましたよ(笑)

でも、その姿が本当に可愛くて
ぎゅーっとしてしまいました。

いろいろとある3人子育てですが、
こんな瞬間があるから、頑張れるのですね。



さて、今回は、お約束の、
私の人生の転機になった出来事その2
をお届けします。

それは、癌宣告から7ヶ月で亡くなった
父のお話です。

父は、大変真面目なひとでした。
地元の大企業に勤め、
娘の私から見たら、
会社に一生を捧げていたように
見えました。

子供の頃、
朝起きると父はもう出勤していて、
帰るのは私たちが寝た後、
という日も少なくなかったように思います。

唯一の休みの日に一緒に出かけると、
「明日が早いけん(早いから)」
という理由で、早々と切り上げさせられ
「えー、せっかく来たのになんで!」
と寂しかったのを覚えています。

30代で家を建て、
ローンは退職する年まで。

一生懸命働き、病気で休職するその日まで、
朝一番に会社の門を開けるような人でした。

朝一番に門を開けるのなんて、
新入社員の仕事では、
と時折からかっていたほど。

ハワイに留学中だった私が
帰国した時のこと。

父の好きな焼き肉を弟家族も含めて
食べに行きました。

みんなでお腹いっぱい食べた帰り道、
父が

「そういえば、最近血痰が出るんだよね。」

というので、

「それは病院で検査したほうがいいんじゃない?」

となりました。

その翌日にまさか癌宣告、
しかも、第4ステージと言われるとは
夢にも思わず。

肺がんでした。

癌には1-4のステージがあって、
その一番悪い4。

耳を疑いました。

それから、あっという間でした。

あの、焼き肉やさんで楽しく
ワイワイ食べて飲んだ日から
約7ヶ月。

定年したら、旅行する。
定年したら、好きなバンドをもう一度やりたい。

楽しみを、いっぱい後にとっておいて、
大切な今を仕事と家族のために費やして。

定年直前59歳でした。

家のローンはたった十数万残っただけ。

保険もきちんと入っていましたから、
私たち子供たちも受け取りました。

でもね、お父さん、

家なんていらなかったよ。

お金もね、いらなかったよ。

そんなのいらなかったから、
自分の人生をもう少し楽しんで欲しかった。

そう思いました。

最期に父は後悔していました。

「お前たちが子供の頃、
もっと一緒に過ごしていればよかった。」

と。

それからです。
楽しみを先送りにする人生は
してはいけないと思うようになりました。

それに、
子供のため、
家族のため、
と思っていることが
本当に相手が望むことなのか、
しっかり見極めなければと思いました。

父との別れは、
確実に私の人生に対する見方を変えました。

本当に大切なことは何なのか、

そして、その大切なことを大切にしたい。

そのためには、どうしたらいいのか、
真剣に考え始めました。

今日は、質問はしません。
ただ、あなたやあなたの大切な人が楽しみを先送りにするような生き方をしていないかどうか、見渡してみてくださいね。

 

あなたや
あなたの大切な人に
「今、ここ」を生きて欲しいです。

ショールかおりより愛を込めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP