【1万時間の法則:お一人さま起業家が成功する秘訣】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

*こちらは、KSBAオンラインビジネススクールのコミュニティへ投稿されたものをシェアしています。

【コラム】【1万時間の法則】

みなさん、こんにちは!

 

みなさんは
【1万時間の法則】って聞いたことありますか?

 

今日は、それについて
書いてみたいと思います。

 

1万時間の法則とは、
何かひとつのことに対して、
1万時間を掛ければ
その道のプロになれる、というもの。

 

わたしが20代のころ、
フラダンスの師匠にも
似たようなことを言われました。

 

「かおりは、器用だから、
なんでもすぐにこなせてしまって
次から次へと新しいことに
チャレンジしてしまうかもしれないけど、
何かひとつのことを10年すればプロになれるよ。」

 

と言われ、その時にフラダンスを
何があっても10年続けてみよう、
と心に決めた記憶があります。

 

それから、15年。

 

確かに、プロの粋に達することができた、
と思います。
それでお金をいただけるようになれました。
今は、フラをメインではやっていないのですが、
確実に帰国する度に入ってくる収入のひとつです。

 

*

さて、1万時間の法則に話はもどって。

 

1日に例えば8時間取り組んだとして、
3年半ごろに1万時間に達します。

 

石の上にも3年とは、このことかもしれません。
よく、就職した先でも3年はやってみないと、
わからない、とも聞きますね。

 

もし、1日に2時間だとすれば、なんと14年近く!

 

それをわたしたちのビジネスに
取り入れて考えてみましょう。

 

みなさんのこれまでの経験の中で、
1万時間以上費やしたものは何ですか?
または、それに近い時間を費やしてきたこと。

 

そこから、遠くないことで
ビジネスをするのが一番良いのです!

 

ただし。

 

時々、新しいことに
チャレンジしたくなりますよね。

 

1万時間以上掛けてやってきたことだけに
固執する必要はないと思います。

 

でも、何か新しいことを
ビジネスとして成り立たせようとする時、
考えてみたいこと。

 

これから、
1万時間の時間を投資する必要があって、
その間は修行のような期間。
お金をいただけるようになるための時間です。

 

それでもやりたいのか?というところ。

 

だからこそ、好きなこと、得意なこと、
であれば一番良いですよね!

きっとその1万時間も
楽しく乗り越えられてしまうと思います。

 

*

今日の1万時間のヒントは、

◎これから新しくビジネスを構築しようとしている方は、何をやるかのヒントにしてください。

◎もうすでにビジネスをお持ちの方は、新しく始める、ということは、そういうことなのかもしれない、というヒントにしてくださいね!

 

大切な人を大切にして生きるための
ビジネスを構築するには、
「何かのプロ」になり、
それ一筋に研究、実践、
を繰り返すことが一番だと感じています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ショールかおり

投稿者の過去記事

思考を整え発するエネルギーを意識して、小さな一歩を重ねていけば、あなたの願いは必ず叶う!

*オンラインビジネススクールKSBA主宰

「大切な人を大切にして生きるためのビジネス(ライフワーク)を創るためにあなたの経験、スキル、人柄を活かし世界中どこにいても収益を上げることの出来るビジネススタイルを目指します」

*レンタルスタジオLittleBox熊本 管理者

*ビジネスコンサルタント

*熊本出身、ハワイへ社会人留学後の現在はアメリカ人のパートナーと3人の子供たちと共に、日本とベトナムに拠点を持ち、自由に豊かに生きることを実践しながら、「大切な人を大切にして生きる」仲間を増やすべく活動中。

詳しいプロフィールはこちら>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 今年の夏の帰国中、数人のアカデミーのみんなと勉強会というなの飲み会した時に(笑)イン…
  2. やっかいなことに、過去の私を含めて、自分の本音に気づいていない、気づけていない方が多いと感じるので、…
  3. たくさんの方の悩み「夫婦関係」私は、オンラインでビジネススクールを経営していますが、受講生のみな…
  4. ショールかおりです。今日は12月31日、 2016年最後の日ですね。昨日まで1週間ほ…
  5. 大切な人を大切にして 生きていくための ビジネスを構築する。こちらのスクールお蔭様で…
PAGE TOP